トップ » スペック » OS

OS

特長

マイティーサーバーではLinux、WindowsのそれぞれのOSをご用意しております。お客さまの用途に合わせOSを選ぶことが可能です。

このような方におすすめ

  • 安定稼動を求める方に最適のOS
  • ビジネスでサーバー利用をしたい方

料金

 
フェザー
プラン
ミドル
プラン
メガトンプラン
メガトン
SATA
メガトン
SAS
CentOS 5 (32bit) 初期 0円 チェック チェック チェック チェック
月額 0円
CentOS 5 (64bit) 初期 0円 チェック チェック チェック チェック
月額 0円
CentOS 6 (32bit) 初期 0円 ー チェック ー チェック
月額 0円
CentOS 6 (64bit) 初期 0円 ー チェック ー チェック
月額 0円
Windows Server 2008 Web(32bit) 初期 0円 ー ー ー ー
月額 0円
Windows Server 2008 Web(64bit) 初期 0円 ー ー ー ー
月額 0円
Windows Server 2008 Web(32bit)
+ SQL Server 2008 Web
初期 0円 ー ー ー ー
月額 3,086円
Windows Server 2008 Web(64bit)
+ SQL Server 2008 Web
初期 0円 ー ー ー ー
月額 3,086円
Windows Server 2008 Standard(32bit) 初期 0円 ー ー チェック チェック
月額 0円
Windows Server 2008 Standard(64bit) 初期 0円 チェック ー ー ー
月額 0円

メリット・使い方

用途に合わせOSを選ぶことが可能

マイティーサーバーでは開発、ストリーミング、ショッピングサイト、メールサーバーなど用途に合わせOSを選ぶことが可能です。お客さまの用途に合わせ自由にカスタマイズしていただけます。


Linux OS

安定稼動を求める方に最適

ビジネスでサーバー利用をしたい方、システムの安定稼動を求める方に最適のOSです。

Windows OS

Windowsアプリケーション搭載可能

Windows環境でアプリケーションや開発、テストをされたい方に最適のOSです。

パーティション情報

マイティーサーバーで提供しているOSの標準構成は以下の通りです。

  フェザープラン ミドルプラン メガトンプラン
メガトン SATA メガトン SAS
CentOS 5
(32bit/64bit)
管理ツール無し /boot 100MB
/ 100GB
/home 残りすべて
swap 2GB
/boot 100MB
/ 16GB
/var 残りすべて
swap 1GB
/boot 100MB
/ 100GB
/home 残りすべて
swap 2GB
webmin
HDE /boot 100MB
/ 100GB
/home 残りすべて
swap 2GB
/boot 100MB
/ 100GB
/home 残りすべて
swap 2GB
Plesk10以上 /boot 100MB
/ 100GB
/var 残りすべて
swap 2GB
/boot 100MB
/ 16GB
/var 残りすべて
swap 1GB
/boot 100MB
/ 100GB
/var 残りすべて
swap 2GB
CentOS 6
(32bit/64bit)
管理ツールなし /boot 100MB
/ 16GB
/var 残りすべて
swap 1GB
/boot 100MB
/ 100GB
/var 残りすべて
swap 2GB
webmin
Plesk10以上
Red Hat Enterprise ES 5
(32bit/64bit)
管理ツールなし /boot 100MB
/ 100GB
/home 残りすべて
swap 2GB
/boot 100MB
/ 100GB
/home 残りすべて
swap 2GB
webmin
HDE /boot 100MB
/ 100GB
/home 残りすべて
swap 2GB
/boot 100MB
/ 100GB
/home 残りすべて
swap 2GB
Plesk10以上 /boot 100MB
/ 100GB
/var 残りすべて
swap 2GB
/boot 100MB
/ 100GB
/var 残りすべて
swap 2GB
Fedora15
(64bit)
/ 残りすべて
swap 2GB
/ 残りすべて
swap 2GB

※WindowsOSにつきましては全シリーズ共通で、Cドライブのみの構成となります。
※パーティションの変更は承っておりませんが、シンボリックリンクの設定を行うことにより、データを他のパーティションの指定したディレクトリでご利用いただけます。

<シンボリックリンク設定手順>

lnコマンドにてシンボリックリンクの設定が行なえます。 例)メールデータや各種ログなどのデータを、他のパーティションに格納 ln -s <参照先ディレクトリ、ファイル> <参照元ディレクトリ、ファイル> なお、コマンドの詳細、操作方法については弊社サポート範囲外となります。 その他詳細については参考書籍等にてご確認をお願いいたします


Back to Top