トップ » スペック » OS » Linuxサーバー

Linuxサーバー

CentOS

「CentOS」とは、商用ディストリビューションのRed Hat Enterprise Linux互換のディストリビューションであり、無償で利用することが可能です。公開されている商用エンタープライズLinuxのソースコードをユーザーコミュニティーが再編集したパッケージとなっています。

特徴としては商用エンタープライズパッケージとのバイナリー互換、同様なパッケージの中でもアップデートが出るタイミングが早く、ユーザー層が厚くコミュニティーが活発なことなどが挙げられます。商用Linuxと同等の安定性を誇ります。CentOS5は、現状は下記オプションが利用不可です。

※Cent OS5:HDE Controller,セキュリティーパッチ,高機能アクセス解析Urchin,phpMyadmin(サーバー操作ツールPLESK選択時は利用可)

このような方におすすめ

  • エンタープライズLinux互換によるシステム可能の安定性
  • 低コストでのサーバー運用をお求めの方

※「CentOS 5」および「Red Hat Enterprise 5」の公式セキュリティーパッチ提供終了に伴い、サポートは終了いたしました。

プランごとのOS対応状況は、各サービスページをご確認ください。

料金

 
月額費用(税込)
初期費用(税込)
CentOS 5
0
0
CentOS 6
0
0

Red Hat Enterprise Linux ES

用途に合わせOSを選ぶことが可能

安定性・信頼性・広範なサポートはビジネスシーン、政府、自治体から高い評価を受けています。 企業のWebサーバー、メールサーバー、ファイルサーバー、DBサーバーに専用サーバーを利用されるお客さまはOSにRed Hat Enterpriseが最適です。

※ES5:HDE Controller,セキュリティーパッチ,高機能アクセス解析Urchin,phpMyadmin(サーバー操作ツールPLESK選択時は利用可)


このような方におすすめ

  • ES5:HDE Controller,セキュリティーパッチ,高機能アクセス解析Urchin,phpMyadmin(サーバー操作ツールPLESK選択時は利用可)
  • ビジネスでサーバー利用をしたい方
  • システムの安定稼動を求める方

※「CentOS 5」および「Red Hat Enterprise 5」の公式セキュリティーパッチ提供終了に伴い、サポートは終了いたしました。

プランごとのOS対応状況は、各サービスページをご確認ください。

 
月額費用(税込)
初期費用(税込)
RedHat Enterprise ES5
0
0

その他のOS


Back to Top