ご契約中のお客さま
SiteLock

トップ »  サポート »  手続き・料金・ドメイン関連のよくあるご質問 »  サポート

サポート

回答

サーバーの移転作業はやってもらえますか?

サーバー移転作業の代行は承っておりません。お客様の方で作業を行っていただく必要がございます。

Back to Top

サポート範囲について

OSの動作及びネットワーク接続までがサポート範囲となります。
導入ソフトウェアにPlesk,Urchinを選択されている場合、Plesk,Urchinに関してはサポート対象となります。
Plesk,Urchin以外の各種ソフトウェアの動作に関してはサポート範囲外となりますので予めご了承願います。
サポート対応はメール・FAXのみとなっております。
お電話でのサポート対応は行っておりませんのでご了承ください。

Back to Top

セキュリティーアップデートに備えてファイアーウォールを解除したい。

■セキュリティーアップデートの接続許可について

セキュリティーアップデートの作業の際に下記一覧のポートが
オープンしている必要がございますので、フィルターの解除が
不可能な場合は下記IPアドレス一覧から接続を許可して下さい。

-----------------------------------
【要開放TCPポート一覧】
-----------------------------------
・80(IN/OUT)
・443(IN/OUT)
・8888(IN/OUT)
・30968(IN/OUT)
・30969(IN/OUT)
・30970(IN/OUT)
-----------------------------------
【接続元IPアドレス一覧】
-----------------------------------
 211.125.72.105
 125.206.127.48
 61.58.42.174
 210.172.143.2
 210.172.143.1
-----------------------------------

Back to Top

自分でパッチ当て作業をしたいのですが可能ですか?

■up2dateについて

RedHat系のOSではup2dateやyumの機能でインストールされている
パッケージについてアップデートすることができる機能がございます。
上記機能でのアップデートについて弊社で制限は設けておりません。
しかし、弊社ではRedhatNetworkのライセンスを提供しておりません。
そのため、RedhatNetwokを利用してアップデートをご希望の場合は
ご自身でRedhatNetworkのライセンスを取得する必要がございます。
なお、インストールされているパッケージの状態はRPMコマンドにて
確認していただくことができます。

 root にて rpm -qa にてご確認ください。

※コマンド操作方法については弊社サポート範囲外となりますので
 その他の詳細は参考書籍等にてご確認いただければと存じます。

■ご注意点について

弊社のセキュリティーアップデートサービスをご契約中の場合は
弊社にて3ヶ月に1度自動アップデートを実施させていただきます。
また、セキュリティーアップデートサービスに加入している状態で
ご自身で、個別にパッケージのアップデートを行われる場合には
弊社でのセキュリティーアップデート完了後にアプリケーションの
バージョンが変更され、元のバージョンに戻る場合がございます。
したがって、ご自身で個別にアップデートを実施される場合には
弊社アップデートサービスは利用されないことを推奨いたします。

Back to Top


Back to Top