新規ご契約の方
ご契約中のお客さま
SiteLock

トップ »  サポート »  GUIマニュアル »  PLESK 9 マニュアル »  PLESK 9 FTPアカウントの設定方法

PLESK 9 FTPアカウントの設定方法

FTPの設定方法

PLESKのディレクトリ構造

PLESKでは、それぞれ/home/httpd/vhosts/(ドメイン名)/ディレクトリ以下に、自身のユーザ領域を持ちます。

PLESK搭載サーバーへFTPでログインした場合に表示されるディレクトリと、簡単な説明は以下のようになります。

/anon_ftp アノニマスftpのルートになります。
/cgi-bin CGIを置くディレクトリです。
/conf 設定ファイルがあるディレクトリです。
/error_docs エラーデータが置かれています。
/httpdocs WEBのドキュメントルートです(WEBデータ置き場)です。
/httpsdocs SSLで接続する際のドキュメントルート(WEBデータ置き場)です。
/pd プライベートデータ(公開しない情報)置き場です。
/statistics ログ等のデータが置かれています。
/subdomains サブドメインの情報が置かれています。
/web_users Webユーザが使用するディレクトリです。
/bin ユーザユーティリティが置かれています。
/private FTPユーザーが利用できる、プライベートディレクトリです。

FTPアカウントの確認

※事前にドメインの設定が完了している必要があります。

※PLESKの仕様上、設定できるアカウントは1ドメインに対し、1アカウントのみです。(Webユーザーアカウントは別途作成できます。)

ログイン>ドメイン>該当ドメイン>Webサイトの[Webホスティング設定]

[FTPログイン]がFTPアカウントです。パスワードは確認することができませんので、パスワードを忘れてしまった場合には、再設定をしてください。

FTPクライアントソフトの入手

FFFTPはフリー(無料)で配布されているWindowsOS用のFTPクライアントソフトです。FFFTPの入手方法等に関しましては以下のページをご参照ください。

またダウンロードしたソフトをPCにインストールしてご利用ください。FFFTPのインストール方法・ご利用方法につきましては以下サイトをご参照下さい。

なお、弊社ではFFFTPソフトのインストール方法やご利用方法に関するサポートはおこなっておりませんので予めご了承いただきますようお願いいたします

FFFTPの設定方法

FFFTPを起動し、ホスト一覧ウィンドウの「新規ホスト」をクリックします。

ホストの設定ウィンドウが開きますので、必要項目を入力します

入力項目 入力内容
ホストの設定名 任意のお名前を設定できますが、通常はサイト名やドメイン名を設定します。
ホスト名(アドレス) 接続先サーバーのIPアドレス、もしくは接続先サーバーに紐づいているドメイン名をご記入ください。
ユーザ名 FTPアカウント名をご記入ください。
パスワード/パスフレーズ FTPアカウントに対してのパスワードをご記入ください。
ローカルの初期フォルダ 設定しなくても問題はありませんが、通常はアップロードするファイルを格納しているフォルダを設定します。
ホストの初期フォルダ 設定しなくても問題はありませんが、通常は webのドキュメントルートを設定します。

PASVモードの設定

LAN環境等から接続される場合にはPASVモードの設定が必要な場合があります。通常の設定で接続できない場合には「拡張」タブの"PASVモードを使う"にチェックを入れて接続をお試しください。

次に「高度」タブをクリックします

ホストの設定の高度ウィンドウが開きますので、「LISTコマンドでファイル一覧を取得」のチェックボックスをチェックし「OK」をクリックします。

FFFTPを利用したファイルアップロード

作成したホストに接続します

ホスト一覧ウィンドウの作成したホストをクリックし、「接続」をクリックします。

サーバーへ正常に接続が完了すると、右側のウィンドウにサーバ上のファイルやディレクトリの一覧が表示され、左側のローカルウインドウにお客様コンピュータの参照ディレクトリが表示されます。

ファイルをサーバへアップロード(※1)します

通常、ローカル欄のファイルを選択し、右側のサーバ欄にドラッグ&ドロップすることでアップロードがおこなわれます。/

※1. PLESK搭載サーバーの場合、ドキュメントルートは「httpdocs」になります。 /home/httpd/vhosts/ドメイン名/httpdocs/

Webコンテンツファイルのアップロードが正常に完了すると、WEBサイトの表示がされます

正常に表示されない場合は以下項目をご確認ください。

ファイルをアップロードをおこなったディレクトリの確認

WEBで公開するファイルは、/httpdocsまたは/httpsdocs(SSL認証を必要とするファイルのみ指定)を、cgiの場合は/cgi-binを指定してください。

転送モードの確認

転送モードとは、ファイルを転送する時に指定する際に必要な設定です。

HTMLファイル、テキストファイル、CGI テキストモードで転送
画像や動画のファイル バイナリモード

※FTPソフトで自動判別モードに対応している場合は問題にならないケースがほとんどです。

パーミッションの確認

サーバーのディレクトリやファイルにはパーミッションというアクセス権限の設定が必要です。この権限の設定内容によっては、CGIやファイルが実行できない場合があります CGIの利用方法については、「CGIの利用方法」をご確認ください。


Back to Top