ご契約中のお客さま
SiteLock

トップ »  サポート »  GUIマニュアル »  Windows Server 2003 マニュアル »  リモート管理

Windows ファイアーウォール

1-1 リモートデスクトップによるログイン

ここではWindows2003Standard editionのリモートデスクトップ接続管理について説明します。

1 クライアントPCより[リモートデスクトップ]を起動

[接続]を選択

接続

2 ユーザー名項目へ[wadmin]を記載

パスワード項目へ[パスワード]を記載
[OK]を選択

OK

※パスワードは「設定完了通知」メールに記載されております。

3 サーバーへ接続

サーバーへの接続が成功すると、下記画面状態になります。

サーバーへの接続が成功

4 下記の方法でもサーバーへの接続が可能です。

クライアントPCより[リモートデスクトップ]を起動
[オプション]を選択

オプション

5 各項目へ必要情報記載

  • コンピュータ項目へ[IPアドレス]を記載
  • ユーザー名項目へ管理者[wadmin]を記載
  • パスワード項目へ[パスワード]を記載

[接続]を選択

接続

※パスワードは「設定完了通知」メールに記載されております。

6 サーバーへ接続

サーバーへの接続が成功すると、下記画面状態になります。

サーバーへ接続

1-2 管理者[wadmin]のパスワード変更

1 下記手順にて[コンピューター管理]を起動

スタート>管理ツール>コンピュータの管理

コンピュータの管理

2 [ローカル ユーザーとグループ]の[ユーザー]を選択

ユーザー

3 [wadmin]を右クリックし、[パスワード設定]を選択

パスワード設定

4 新しいパスワード項目へ希望パスワードを入力

パスワードを入力

以上で管理者[wadmin]のパスワード変更が可能です。

※セキュリティの観点から、定期的なパスワードのご変更をご推奨いたします。

1-3 アイドル時のセッション時間を変更

1 下記手順にて[ターミナルサービス構成]を起動

スタート>管理ツール>ターミナルサービス構成

ターミナルサービス構成

2 [ターミナルサービス構成]の[接続項目]の[RDP-Tcp]を右クリックし、プロパティを選択

プロパティ

3 [セッション]を選択

セッションタプ

※初期ではセッション時間は[15分]に設定されております。
セッション時間中に何も操作されませんと、セッションが切断されます。

4 アイドルセッション制限項目プルダウンから、希望セッション時間を選択。選択後、[適用]を選択

適用

以上でリモートデスクトップのセッション時間の変更が可能です。

1-4 コンピューターロック時間の変更

1 デスクトップ画面にて右クリック、[プロパティ]を選択

プロパティ

2 待ち時間項目に希望ロック時間を設定

「OK」を選択

OK

※セキュリティの観点から、[パスワードによる保護]項目へは、必ずチェックをいれていただけますようお願い申し上げます。

1-5 各サービスの再起動

1 下記手順にて[サービス]を起動

スタート>管理ツール>サービス

サービス

2 [サービス]が起動すると下記画面状態になります。

サービス

3 各サービスを右クリックし、[再起動]を選択

再起動

以上で各サービスの再起動を実施することが可能です。

1-6 リモートデスクトップからログアウト

1 下記手順にて[ログオフ]を選択

スタート>ログオフ

ログオフ

2 [ログオフ]を選択

ログオフ

3 下記手順でもログアウトが可能です。

リモートデスクトップ画面上部の[×]を選択し、セッションの切断確認時に[OK]を選択

OK

以上でリモートデスクトップからログアウトすることが可能です。


Back to Top