ご契約中のお客さま
SiteLock

トップ »  サポート »  GUIマニュアル »  Windows Server 2003 マニュアル »  Windows ファイアーウォール

Windows ファイアーウォール

Windowsファイアーウォール

OSにWindows Serverをご選択いただいた場合、弊社ご提供時にはセキュリティーの観点よりリモートデスクトップ(GUIにPLESKをご選択の場合は、リモートデ スクトップとPLESK)のポート以外に関しては、Windowsファイアーウォールにて接続制限された状態でお引渡ししております。お客さまにて必要に応じて利用するサービスのポートの開放をお願いいたします。一般的な設定までの手順について、以下にご案内いたします。

1 リモートデスクトップ接続後、Windowsファイアーウォールを開きます。

スタートメニュー > コントロールパネル > Windowsファイアーウォール

Windowsファイアーウォール

2 [全般]タブより、ファイアーウォールが有効になっているか確認します。

【ご注意】

お客さま環境からのリモート接続が行えなくなってしまうため、「例外を許可しない」にはチェックをつけないようにお願いします。

有効

3 [詳細設定]タブへ移動し、ローカルエリア接続を選択の上、[設定]ボタンをクリックします。

設定

4 ご利用いただくサービスにチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。

OK

※Web、SMTP、POP3等をご利用いただく場合には、上記の[Webサーバー(HTTP)]、[インターネットメールサーバー(SMTP)]、[Post-Office Protocol Version 3 (POP3)]等にチェックを入れます。

5 項目にないサービス(ポート)を利用する場合、[追加]ボタンから追加設定を行います。

追加

6 サービス名やポート番号、またはプロトコルを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

OK

【設定例】FTPを利用する場合

  • サービスの説明: FTP サーバー
  • ネットワークで~: コンピュータ名 (未記入でも利用可能)
  • 外部ポート番号: 21
  • 内部ポート番号: 21
  • プロトコル: TCP

Back to Top